FreeWay 給与計算で市府民税の特別徴収税額を入力する方法です。給与支払者は、原則として毎年6月に支払う給与から新年度分の市府民税を徴収して翌月に納付することになります。市府民の税特別徴収に係る事務のうち毎年反復して行う事務については、次の記事にてご確認ください。

 

徴収方法として「特別徴収」を選択

① トップメニューで「従業員データメニュー」を選択します。

② 従業員データメニューで「従業員データ入力」を選択します。

③ 従業員データ一覧で特別徴収を行う従業員を選択します。

④ 従業員データ入力の画面で右上「編集」を選択します。

⑤ 住民税欄「徴収方法」のリストボックスから「特別徴収」を選択します。

月割額(納付額)を入力

特別徴収税額の決定通知書に記載されている各受給者の月割額(納付額)を入力します。初月の翌月分(通常7月分)から翌年5月分までは同額ですから、初月分とその翌月分のみ入力し、「↓以下同一」ボタンを押せば完了です。

① 特別徴収税額の決定通知書を参照します。

② 「6月」「7月」の各金額を特別徴収税額の決定通知書から転記します。

③ 7月欄の右横にある「↓以下同一」ボタンをクリックします。

④ 自動で8月から翌年5月までに各金額が入力されます。

⑨ 「登録」を選択します。その後「終了」です。